豪族の遊び!デリヘル5人を呼んでみた

投稿日:2016年10月5日

肌の露出が多い外国人女性

多分一生に一度しかできないような…そんな遊びをしてしまいました。馴染みのデリヘル店に無理を言って人気嬢を5人も派遣してもらったんです。呼んだ先は地元では高品質と評判のちょっとお値段高めのラブホテル。ここで2時間8万円の一世一代の豪遊をしてみようと考えたのです。実は私は余命が長くありません。ガンを宣告されてしまったんです。若い人ほどガンは進行が早いと聞きましたのでこれはも急いでやりたいことやっとかないと死んでも死にきれないぞと思ったんです。5人の全裸美女に囲まれた時はほんとこの世の天国とはここにあったのかと泣きそうになりましたね。我が人生のピークここにあり!ってな具合です。5人の顔に片っ端から射精してやりましたけど気分は豪族ですよ。みんな私のザーメンをちょうだいちょうだいと言いながらチンコに顔をすりつけてくるんですから。ちなみに先日手術をしましてガンは全て取り除かれました。最近の医療はすごいですね。腹腔鏡手術といってお腹を大きく開かなくても手術できるんですね。いやあ、死ぬのは当分先になりそうです…。

デリヘル嬢のゆとり世代化も深刻!

デリヘルで女の子と遊ぶんなら若い子がいい。そう思ってる人も多いはずです。熟女好きな方は別として普通は若ければ若いほうがいいですもんね。ただ、最近の若い子は完璧なゆとり世代。ちょっと…というかかなり社会常識からかけ離れた考えを持ってる子も多いようでたまに嫌な気分になることもあります。オールタメ口なんて当たり前ですもんね。こないだあった子なんか部屋に入ってくるなり一言目が「今日は気乗りがしない」でしたもん。今まで客から店にもクレーム何度もいってるような子だと思うんですが、時間ないに抜けなくても仕方ないみたいな考え方ですし、これじゃリピーターがつくはずはありませんよね。ゆとり世代の子ってとにかく自己中心的なんですよねえ。相手が自分に合わせると思ってるというか、マイペースですよね。甘やかされて育つと結局本人が苦労するんだなあとよくわかります。その嬢は結局私に半ば脅されながら玉しゃぶりやアナルドリルをやらされるハメになりました。素直にサービスしてればもっと優しくしてあげたのにね。